FC2ブログ

試合結果やクラブやコースの情報まで、ゴルフに関する情報を集めています。

ゴルフ場でのマナー

ゴルフはイギリス発祥のスポーツで「紳士のスポーツ」とも呼ばれています。

それ故にゴルフ場ではキチンとしたマナーが求められます。

ラウンドする際は、最低限のマナーを守り 迷惑をかけず自分も周りも楽しくプレーできるよう心掛けて下さい。


服装に関するマナー

ドレスコードOK
襟付きシャツ、長ズボン、帽子の着用など

NG
ジーンズ、Tシャツ、ジャージ、サンダルなど

また首にタオルを巻いているなどの行為もNGとされています。短パンに関してはダメではありませんが、ショートソックスと合わせるとNG、シューズは鉄製のピンが付いたスパイクもNGとなるところがありますので気をつけてください。
ラウンド時に限らずゴルフ場に行く時、帰る時も上記のようにNGとされる服装はしないように心掛けましょう。コースによっては、ドレスコードが決まっている所もありますので、行く前にホームページなどで確認するのもいいでしょう。


全般的なマナー

まずは、時間に遅れないことです。プレーのスタート時間は、組ごとに分刻みで決まっています。最低でも30分前にはゴルフ場に到着し10分前にはティーグラウンド付近で待機できるように心掛けて下さい。コース内は基本的に禁煙です。所定の場所での喫煙をして下さい。



安全なプレーを心掛ける

素振りをする際は、周囲に人がいないことを十分に確認してから行って下さい。打球が当たる恐れもありますので、打つ人の前方には絶対に立たないで下さい。前の組には絶対に打ち込まないで下さい。クラブ毎の自分の飛距離を把握して絶対に届かない距離になるまで打たないようにして下さい。打球がコース外など思わぬ方向へ飛んでいった時、大変危険ですので「ファー」と大声で叫び、周囲に危険を知らせましょう。



クラブハウスでのマナー

クラブハウスも禁煙となっているコースがほとんどです。所定の位置での喫煙を心掛けて下さい。ラウンドが終わりクラブハウスに帰ってくるときは シューズに付いた泥や芝などをしっかり落としてから入りましょう。ほとんどのコースにエアーコンプレッサーなどが備え付けてありますので活用してください。



ティーグラウンドでのマナー

他の人がアドレスに入った時は、話を止め音を立てないようにして下さい。また打つ人の視界に入るような場所に立つのもよろしくありません。自分の番以外はティーグラウンド外で待って下さい。



フェアウェイでのマナー

目土

フェアウェイからのショットによってできた穴をディボットと言います。

穴が開いたままにしておくと、芝が再生したときに凹んだままになります。キレイに目土(穴に砂を入れ、平らにする)をすることで、目土の上から芝が再生し平らな状態に戻ります。もちろん後続の組もプレーしやすくなりますし、できたディボットはしっかり塞いでから進みましょう。



バンカーでのマナー

レーキショット後にレーキを使って凸凹を無くすように整地をしてバンカーから出ましょう。土手を壊してしまわないよう、低くなっているところから入り、同じところから出て下さい。自分の足跡もキレイに整地して下さい。

グリーンでのマナー

芝を傷めてしまいますので、グリーン上では走らないようにしましょう。グリーンにできたボールマーク(ボールの落下地点にできたヘコミ)はグリーンフォークを使いきれいに整地して下さい。カップの縁は、デリケートな為、踏まないようにしましょう。また他の人のライン(ボールとカップの間)も踏まないように気をつけましょう。



プレーファーストを心掛ける

プレー時間に明確な決まりはありませんが、ハーフ(9ホール)2時間程度を目安に、後ろの組を詰まらせないようにプレーして下さい。ボールも常に数個は持っておいたり、2打目からは、クラブを数本持ってボールの位置に行くことで、クラブを選びなおす時間など短縮できます。迅速なプレーを心掛けて下さい。




スポンサーサイト



[ 2016/01/20 15:24 ] □ マナー | TB(-) | CM(0)