FC2ブログ

試合結果やクラブやコースの情報まで、ゴルフに関する情報を集めています。

バンカーショット 基本

バンカー18

バンカーに恐怖心を持っているアマチュアの方非常に多いですよね。私もその一人かもしれません(笑)ダフってしまいボールが出ない、それが怖くて次はホームラン・・・ よくある光景ですね他にもバンカーを避けたい一心で逆に大きなミスショットをしてしまったり、十分届く距離を刻んでしまったり・・・

バンカーに入ってもしっかり出せるという安心感さえあれば、苦手意識がなくなればコースマネジメントも大きく変わりスコアも飛躍的にアップするでしょう。


そこでここでは、初心に帰ってバンカーの基本をもう一度確認して見ましょう

バンカーの基本


まずはアドレス、スタンスはオープンで、フェースを開いて構えましょう。
ここで注意しておきたいのがグリップです。握った後にそのままフェースを開かないこと。フェースを開いてその後にグリップしてください
柔らかい砂の上で不安定な場所なので、アドレスの際はグリグリと足をしっかり砂に埋めましょう。
ボールの位置は普段のスタンスより左のほうが良いでしょう。左足のかかとなど目印などを作っていつも同じ場所に置くようにしましょう。2バンカー

そしてボールの手前3~10cmを狙ってからしっかりスイングします。
フェースを開くことで、サンドウェッジのバンス(バウンス)が、砂を爆発するように飛び散らして(エクスプロージョン)くれます。その爆発でボールを飛ばすという原理です。
砂の爆発と一緒にボールは自然と飛びますので、無理にボールを高く上げようとしないで下さい。すくい上げるようなスイングになってしまうと
バンスが効かずエクスプロージョンが起こりにくくなったり、また、右足に体重が残ってしまいダフりやすくなります。
アドレス時からやや左足体重で、スイング中はできるだけ体重移動をせず、フォローでしっかり左足に体重を乗せるようにしましょう。
また グリーン周りのバンカーなど距離の短いバンカーでは、普通の同じ距離のアプローチに比べるとかなり大きなスイングをすることになります。
大きなスイングにためらいがあるとインパクトでグリップを緩めてしまい、ヘッドが砂から抜けずザックリ。というミスにもつながります。


ボールを上げよう、飛ばそうという意識より、フェースを開くなど飛ばない構えを作って、しっかり振り抜くというイメージの方がマッチすると思います。
バンカーから出せるようになってきたら、振り幅やフェースの開きを調整し、距離感を出す練習をすると良いでしょう。

本番では勇気を持って振りぬいてください。(^-^)/

関連記事

[ 2016/05/13 17:28 ] □ レッスン | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する