FC2ブログ

試合結果やクラブやコースの情報まで、ゴルフに関する情報を集めています。

ロブショットをマスターしよう!

アプローチタイトル

スコアアップに最も欠かせないのアプローチやパターなどのショートゲーム。
一言でアプローチと言っても様々な打ち方があります。
前回はランニングアプローチピッチ エンド ラン について書きましたので、今回はロブショットについて解説したいと思います。

ロブショットとは?

ロブ2
高く上げてドスンと落としピタッと止める。これがロブショットです。ピンまでの間にバンカーなどの障害物があったり、またピンの位置が手前寄りだったり、
ランで距離を合わせることが難しい場面で使われます。
キマるとすごくかっこいいのでアマチュアゴルファーが憧れるショットの一つでもあるように感じます。
技術的にはアマチュアの方でも簡単に打つことはできますがランニングアプローチやピッチエンドランに比べて、トップするとかなりの距離飛んでいく、下をくぐると全く飛ばないなど、ミスをしたときのリスクが高いように感じます。

どうやって打つの?

使用クラブは基本的にSW、LWなどロフト角のあるクラブを使用します。
アドレスのセッテイングは、ボールを転がすランニングアプローチと正反対になります。
ボールの位置は左足寄りで、スタンスも左足を引いてオープンに構え、フェースも開いて目標方向に向けます。
バンカーショットの基本 でも書いたのと同様にグリップはフェースを開いたあとに握ってください。
体重は右足よりでフォローでも右足に体重が残るように振っていきます。

勇気を持って振りぬくこと!
ロブ

ロブショットは短い距離でもフルショットに近い位の大きなスイングをすることになります。
落とし穴があるとすればそこで、ピンはすぐそこなのに結構なオーバースイングのように感じてしまうかもしれません。
スイング中に少しでも ためらいがあるとグリップが緩み、その結果トップし、カツーンとかなりの距離打ってしまったり、
ダフったりなどのミスを引き起こしてしまいます。
スタンスもフェースもオープンに構え、バンカーショットと同じように基本的に飛ばない構えにしていますので
アドレスをきちんとセッティングしたら、後は練習の成果を信じて、迷うことなく振り抜きましょう。
関連記事

[ 2016/06/03 13:47 ] □ レッスン | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する