FC2ブログ

試合結果やクラブやコースの情報まで、ゴルフに関する情報を集めています。

パターの正しいアドレスを身につけよう!

絵パタートップ

パターの正しいアドレスを身に付けよう!

ゴルフはショートゲームが大事とよく言われますが、その最たるものがパターと言っても過言ではありません。
1回のラウンドから考えても、一般的に打数の40%がパターによるものとなっています。

わずか1cmカップに届かなくても1打。2~3センチ横にそれてもまた1打。
数センチのミスも許してもらえないパター。とても繊細なものですが、攻略できると大きな武器ともなります。

アマチュアゴルファーは圧倒的にパターの練習不足と言われます。
逆に自宅でも一番手軽に練習できるのもパターですね。

しっかり練習・上達して大きくスコアアップしていきましょう。

最も大切なのは再現性!?


よく「パターに型なし」と言う言葉を耳にします。プロゴルファーも様々な握り方を試したり、自分に合ったパッティングスタイルを日々研究しています。大事なのは構えがどうこうでなく、自分が狙った方向にちゃんと打てるかどうか、いつも同じように打てるかどうかということなんです

パッティングアドレスの基本


パッティングにおいて最も大事なのは再現性と言いましたが、ではどうやってその再現性を高めていけばいいのでしょうか?
まずは一般的に基本とされていることをまとめてみたいと思います。

○スタンス幅は広すぎず狭すぎず肩幅程度に!
○ボールの位置は顔の真下 なるべく上から覗き込むように
○重心を低く取り下半身をしっかり固め、背筋を伸ばして前傾する
○両脇をしっかりしめて柔らかく握る。


このようなことがパッティングの基礎と言われているものです。
スタンスは肩幅、ボールの位置は目の下などと決めることによっていつも同じアドレスになる、再現性が高くなるということです。
あとは、構え自体に違和感がないか、要はスムーズにストロークできることが大事になってきます。
インパクトで力んでしまったり、逆に緩みすぎてもよくありません。基本はあくまで基本。ここから自分流にアレンジしていきましょう。

グリップの種類とその特徴


細い    ←    グリップの太さ    →    太い
インパクト時に若干の調整や操作を行いやすい余計な手首のローテーションが抑えられる。


テーパー グリップノンテーパー グリップ
te-pa-
ノーテーパー
先に向かって細くなっていくグリップ 
手の感覚が生きやすい
太さが全て均等なグリップ 
手の余分な動きが軽減できる

いかがでしたでしょうか?アドレスは、それで全てが決まると言われることもあるくらいに大事なものです
しっかりとしたアドレスができればストロークも安定したものになっていきます。
まずは基本を熟知した上で次に進んでいきましょう。

次回は パターの正しいストロークを身に付けよう です。

関連記事

[ 2016/07/11 15:01 ] □ レッスン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL