FC2ブログ

試合結果やクラブやコースの情報まで、ゴルフに関する情報を集めています。

全英オープン 2日目 日本勢巻き返しなるか?

全英オープンの2日目がスコットランドのロイヤルトゥルーンで開催されました。
一日の中に四季があると言われているこの地域の気候。その言葉通りわずか1、2時間で全く別のコースへ変わってしまったのでは?と思わせるほどの雨や風で多くのプレーヤーが苦しめられました。
とりわけ午後になると一段と気候は激しさを増し、遅めのスタートとなったプレーヤーが崩れていったように感じました。
日本勢 注目の松山英樹も午後のスタートとなり苦しいプレーが続き、通算8オーバーの111位で残念ながら予選通過とはならず、他の日本勢もこの天候に苦しめられ、結局予選通過できたのは池田勇太と市原弘大の2人だけとなりました。
池田勇太はショットが非常に安定していたようにみえました。何度もチャンスにつけていましたが、肝心なとこのパットが決まらず、2日目は3オーバー、通算でイーブンパーとなっています。
テレビ中継を見ていましたが、ラウンドリポーターの松岡修三がこの天候をみて「本当に不公平なスポーツですね。」と言ってましたねが、やはりゴルフというものは自分と自然との戦いなんだと改めて感じますね。
また3日目日本勢の活躍に期待します。

トップ10は以下の通り(2日目終了時点)
順位通算氏名
1位-10P、ミケルソン
2位-9H、ステンソン
3位タイ-7S、ケルドセン
3位タイ-7K、ブラッドリー
5位-5Z、ジョンソン
6位タイ-4T、フィナウ
6位タイ-4B、ハース
6位タイ-4C、シュワルツェル
6位タイ-4A、ジョンストン
6位タイ-4S、ガルシア


関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL