FC2ブログ

試合結果やクラブやコースの情報まで、ゴルフに関する情報を集めています。

ドライバー  スライスの原因と直し方

ティショット

ゴルフを始めてまず最初に当たる壁といっても過言ではないのが このドライバーのスライス。

特に初心者の方で、ドライバーのスライスが克服できず挫折してしまったなどという話も聞いたことがあります。

ドライバーは、最も飛距離の出るクラブで、使いこなせると大きな武器になりますが、逆に曲がってしまうとその飛距離の分大きな爆弾にもなるクラブです。

その原因をつかみ苦手を克服して、日頃のストレスまでもぶっ飛ばせるような爽快なティーショットを打ってください!



インパクト時のフェースの向き
オープンフェース

一般的にインパクトの瞬間にフェースが開いたままボールを打ってしまうとスライスとなります。

アドレスの際には目標に向かって構えるわけで、当然フェースの向きも目標に向かってまっすぐに合わせて構えています。それがインパクト時には開いている(目標に対して大きく右を向いている)のではやはりまっすぐ飛びません。打ち出しから右方向に出て、その後ボールに掛かった横回転により大きくスライスしてしまいます。

まずはインパクト時に目標に対してスクエアに、構えた時と同じ向きにフェースを向けるようにしましょう。インパクト時にフェースが開く要因としては、ダウンスイングで体が開いてしまう、手首の返しのタイミングが遅い、振り遅れている、などが考えられます。もう一度チェックしてみて下さい。



スイング軌道がアウトサイドインでカット打ち?

スイング軌道がアウトサイドイン、これもスライスの主な要因です。ボールに対してフェースはスクエアに当たっているので一見良さそうですがこれもボールに強い横回転がかかってしまい、大きく右に曲がってしまいます。

アウトサイドインになってしまう要因としては
・体重移動が上手くできてなく上半身の力だけで振ろうとするため体が開く。
・アドレス時のボールの位置が左に寄りすぎている。
・スライスを意識してアドレスが左を向きすぎている。
などがあります

正しいスイング軌道はインサイドインと言われています。

スイング軌道

グリップが極端にウィークになっている?
グリップ

まず先にウィークグリップとは、クラブを握り構えたときに左手の甲が見えないような形で右手もかぶせ気味になります

その逆がストロンググリップですが、これは左手の甲が上を向くように左手をかぶせて、それに合わせて右手もやや横から握るような形になります。

一般的にウィークはスライス、ストロングはフックが出やすいとされています。

では、どこからがストロングで、どこからがウィークなのか?

これも一般論ですが、構えた時に見える左手のこぶしの山が1つであればウイーク、2つでストレートグリップ、3つ以上でストロングと言われていることが多いです。ただ、手の大きさや指の長さ、スイングタイプも人それぞれですので練習で色んなグリップを試し、自分にあった握り方を探すといいでしょう。



関連記事

[ 2016/02/04 16:28 ] □ レッスン | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する